トーチ

川勝徳重 作品集

「川勝徳重 作品集」

ここにいると、時々、音が聞こえなくなることがある……若き英才が描く現代日本の肖像。

「ここにいると、時々……音が聞こえなくなることがある」
眠りから覚めた女に夜は訪れ、とりとめのない時間が流れていく…
新時代の英才が描き出す”現代”の肖像。

※「電話・睡眠・音楽」は左開きの作品です。通常とは逆順でお読みください。

公開中のエピソード

作者プロフィール

川勝徳重

1992年、東京生まれ。2011年『幻燈』(北冬書房)にてデビュー。以後、様々な文芸誌や漫画誌に作品を寄稿。また漫画雑誌『架空』の編集、執筆に関わり、自身も怪奇劇画短編誌『蝸牛』を発行している。2016年にはPIZZICATO ONE『わたくしの二十世紀』アナログLP盤のジャケット・イラストを担当。また『貸本マンガ史研究』に水木しげるについての評論を執筆するなど、活躍は多岐にわたる。著書に『十代劇画作品集』(セミ書房)。同書の巻末には夏目房之介氏の解説が寄せられている。
川勝徳重 on Twitter