国境線上の蟹 10


アメリカの「神話」について(後)
 〜あるいは祈りとしてのUFO

 1942年9月9日早朝、オレゴン州沖の太平洋上に浮上した潜水艦から、一機の飛行機が飛び立った。

 大日本帝国海軍の飛行兵曹長・藤田信雄が操縦する零式小型水偵機「E14Y」は搭載していた焼夷弾を郊外の山麓に投下。大規模な山火事を起こして森林資源に打撃を加えるはずが、前夜の雨で森林が湿っていて火災は小規模に留まり、人的被害もなかった。藤田機は29日も同地域に再度の空襲を行なったが、こちらの被害は報告されていない。

 この二度の空襲が、日米両国の公式記録に残されている、20世紀最初にして最後の航空機によるアメリカ本土への攻撃である。

————————————————

 先立つ1942年2月25日午前2時25分、ロス・アンジェルス市内全域に空襲警報のアナウンスが響き渡った。先立つ1時44分、防空レーダーが西方から飛来する航空機の存在を感知したのだ。

 この42年は初頭から、アメリカの西海岸における日本軍の潜水艦による船舶や沿岸の軍事基地への攻撃が活発化しており、折から高まっていた「日本軍上陸論」、そして日系移民の排斥論に拍車をかけた。この前日も、サンタバーバラの石油基地に砲撃被害が出たばかりであった。

 突如現れた「ジャップ」の迎撃体制に入ったアメリカ陸軍の将兵、また数多くの市民が、頻繁に上昇・下降しながら推定時速約320キロで飛来する複数の発光体を目撃した。ロス・アンジェルス・タイムスがサーチライトに照らされたその姿を写真に収めており、最終的にその数は「15機」と報告されている。市内には灯火管制が敷かれ、サンタモニカ〜ロングビーチ間に配備された陸軍の第37歩兵旅団が合計1430発の対空砲火を浴びせたが一発も命中せず、それどころか砲弾のかけらが市街地に降り注いで多くの建物や車両が損傷。ブライアン・ニーヤの著書『Japanese American History: An A-to-Z Reference from 1868 to the Present』(未邦訳、1993 VNR AG)によると、街がパニックに陥り3名が交通事故で、2名が砲声に驚いて心臓発作で死亡している。飛行物体からの攻撃は一切なく、約20分後、それは姿を消したという。