行けたら行きます 12

 無理がたたったのか、髄膜炎という病気で入院してしまいました。思えば石田さんも去年の同じ時期にガンが発覚し、同じ佼成病院に入院しました。何かの因縁を感じざるを得ません。

 また、入院することになって、人にかまってもらえることがこんなにも嬉しいものなのだと知りました。快も不快も人がいるからなんだと。

 病院食は不味いと石田さんに聞かされていたのですが、案外美味しくて驚いています。少しだけろれつが回らないのが心配です。

 石田さんは私と入れ替わりで退院して自宅にいます。

◇◇◇◇◇

《著者プロフィール》
植本一子(うえもといちこ)
1984年広島県生まれ。
2003年にキヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞、写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活躍中。
著書に『働けECD―わたしの育児混沌記』(ミュージック・マガジン)、『かなわない』(タバブックス)、『家族最後の日』(太田出版)がある。
『文藝』(河出書房新社)にて「24時間365日」を連載中。
http://ichikouemoto.com/