お知らせ

  • /////単行本絶賛発売中/////

    【この「奈良へ」という作品を読んでまず思ったのは、これは途轍もない傑作だ、ということで、私は読後、暫くの間、虚脱していた。(町田康)】

    古都・奈良。三つの世界遺産を擁する日本を代表する観光地。

    売れない漫画家、マイルドヤンキー、パンクス、やる気のない野球部員、冒険のパーティーからそこはかとなくハブられている航海士、街頭で奈良の崩壊を訴える謎の男……名所旧跡で繰り広げられる若者たちの群像劇は、やがて人間の業を深々とえぐり出し、世界の虚を暴き出す衝撃の展開へーー

    「トーチweb」連載時から話題騒然! 若き無頼派が到達した〝リアリズム漫画〟の最前線