ドラマ『自転車屋さんの高橋くん』メイキング(「テレ東ファン支局」より)

TVドラマ『自転車屋さんの高橋くん』の放送がついにはじまります。
本作のプロデューサー・監督を務めるテレビ東京の太田勇さんによる連載がテレビ東京のサービス「テレ東ファン支局」にて連載されています。ドラマのメイキングや裏話が満載のこの連載の一部を今回トーチに転載いたします。ドラマの世界観がどのように作られているかの裏話をぜひお読みください。

********************

11月ですね。秋です。テレビ東京の太田です。

今月のテーマはいよいよ『自転車屋さんの高橋くん』です。

今夜第一話です。こんな真っ直ぐな恋愛ドラマはキャリア初でして、クランクイン前は怖くて怖くて仕方なかったです。けれども3週間の岐阜県・大垣市でのロケを経て、結果、とても良いドラマができました。いよいよ今夜第一話なので「こんなとこに注目してほしい!」という見どころを書かせていただきます。

【1「遼平の部屋」】

第一話、ドラマのトップシーンは、遼平の部屋から始まります。これがカッコいいんです。なんせ遼平を演じるのは劇団EXILEの鈴木伸之です。伸くん演じる遼平に見合った部屋でなければいけません。部屋の一部お見せしますと……。

どうですか…?カッコいいの伝わってきますよね。実はこの部屋、全部作りなんです。今回、お借りしたのは岐阜県大垣市にある「岡田自転車店」。遼平の部屋となる3階は物置部屋でした。


それを中の物を出し、ガッツリ作り込みました。これを提案したのは、セカンド監督の八重樫君です。実は、元々はここが遼平の部屋になる予定でした。

住むとなったら素敵な部屋です。ただ八重樫くんが「ドラマのトップシーンとしては弱すぎる」と言ったのです。たしかに彼の言い分もわかります。実際、26歳の若者がお祖父さんと住む家の部屋としてはリアルですが、そこはやっぱりドラマ、ちょっとファンタジーが欲しくなります。ちなみに八重樫くんは笑っちゃうくらいのイケメンで、ロケ先では彼のことを本番直前まで俳優だと思っている人もたくさんいました。

イケメン八重樫監督です。

そして彼が「この物置を遼平の部屋にできないですかね?」と美術部に相談したのです。(正確には、制作会社のPの後藤さんにですが)「そんなんできたらめっちゃ良いよね。そうしよう!」と思う監督の自分と、「テレ東深夜ドラマの予算でそれは厳しいんじゃない…」と思うプロデューサーの自分が脳内で格闘します…。そして、長い話し合いの結果…「ドラマの第一話のトップシーンは一番大切だ!」という結論に至り、八重樫くんの主張を取り入れ、物置部屋を作りにすることにしました。ここでも再三書いてますが、ドラマ飽和時代の今、第一話を観てもらえなかったら観てもらえないですからね。美術費だって八話あるからといって、八等分するのではなく、第一話に比重をかけるべきなのです。そんな英断の末、生まれた自信の部屋は、ぜひドラマで観てほしいです。

********************

トーチで読めるのはここまでです。「テレ東ファン支局」では他にもパン子の会社のシーンや自販機でジュースを渡すシーンの裏話などお読みいただけます。無料会員登録サイトですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

「テレ東ファン支局」 太田さんの連載

では、今夜から始まるドラマを一緒に楽しみましょう。

お知らせ

  • //////////2022年11月 実写ドラマ化!!!//////////
    テレビ東京系列にて木ドラ24の枠で放送予定です!
    二人を演じるのは鈴木伸之さん、内田理央さん。続報も引き続きお知らせします。
    お楽しみに!

    ★更新スケジュール★
    7/6(水) 第33話
    8/3(水) 第34話
    9/7(水) 第35話
    ※予告なく変更する場合があります。

    ★松虫あられ先生へのファンレターはコチラ★
    〒166-8560 東京都杉並区高円寺北2-3-2
    株式会社リイド社 トーチ編集部気付 松虫あられ様