お知らせ

  • 続々重版出来!!!
    INA『牛乳配達DIARY』『つつがない生活』
    大好評発売中!

    ———————————————
    『牛乳配達DIARY』
    平成30年の愛知県、26歳の牛乳配達員。
    戻りたくないけど懐かしい日々の記録。
    第1回トーチ漫画賞大賞受賞作。

    「新しいエッセイ漫画の良いモデル。美しい瞬間の乱れ打ちです。」
    山田参助(『あれよ星屑』)

    ———————————————
    『つつがない生活』
    優しく鮮やかな筆致が照らし出す、暮らしの中の、なんてことなくて美しい瞬間の数々。
    『牛乳配達DIARY』に続く、エッセイ漫画の新しい形。

    《各所で大好評!》
    ●香山哲(漫画家・ゲーム作家)
    失敗して助けてもらってアイスおごったり。
    「チャラにしてもらう・してあげる」ことの貴重さを、
    自分はこんなに好きだったんだな…と思い直せた漫画です。

    ●細馬宏通(行動学者)
    一話読むごとに機嫌が直る。
    気持ちが空に踏み出してゆく。とがりつつ、
    寝そべりつつ、二つの愛しいピアス。

    ●高城晶平(ミュージシャン)
    明確な目的に向かうベクトルがあるわけでもなく、誰かが死ぬわけでもない。
    そんなストーリーを人は「何も起こらない話」と呼ぶ。『つつがない生活』も、一般的に言ってそういう物語だ。
    しかし、よくよく観てみれば、この漫画は出来事に満ちており、それらを切り取る斬新なアングルもある。人物の躍動があり、狭量な社会に対する闘争もある。
    著者の工夫と試行錯誤と、なにより世界を捉え直す目線があるからこそ、「何も起こらない話」がこんなにも胸を打つのだろう。しみじみと読み耽ってしまった。