お知らせ

  • /////単行本1・2巻同時発売! 7/23/////

    私たちは知らなかった。“この国”がどんなふうに成り立っているかなんて…

    1945年、大きな戦争により国中に浮浪者があふれ荒廃した日本は、福祉と治安維持のため、能力不振や病気、障害等により自立困難なものに国が衣食住、生活を保障する「生活保護特区」(俗称マントラアーヤ)を制定した。

    2018年、新都トーキョーの一般的な中流家庭で育った高校生フーカのもとへ「特区通知」が届く。この国で何となく生き、何となく幸せになれると思い込んでいた彼女にとって、それは青天の霹靂だった……

    貧困、差別、格差をめぐる癒しと革命の物語。

    ★ハリジャンぴらの(社会福祉士・精神保健福祉士/青木ヶ原樹海探索者)による圧倒的作品解説