トーチ

みちくさ日記

「みちくさ日記」

13歳の若さで「ちばてつや賞」を受賞し漫画家としてデビューするも、ほどなく精神科病院に入院……

“13歳の天才”として「ちばてつや賞」を受賞するも、
ほどなく精神科病院に入院した少女の
15年以上にわたる涙と笑い、そして再生の記録。

坂口恭平、曽我部恵一、高浜寛、ちばてつや、tofubeats、野中モモ、深町秋生、山田参助ら各界の第一線から称賛の声が続々と集まる衝撃と感動のノンフィクション!!

作者プロフィール

道草晴子(みちくさ はるこ)

1983年東京生まれ。13歳の時に「ちばてつや賞 優秀新人賞」受賞。ほどなく精神科に入院。病院から学校に通う日々を送る。

2014年から「トーチweb」で『みちくさ日記』連載開始。2015年を単行本を刊行。精神科に入院して以来、30歳で再び漫画を描き始めるまでの涙と笑いの半生を赤裸々に綴りベストセラーになる。2016年、同作の続編を「小説新潮」(新潮社)でスタート。2020年10月『よりみち日記』として刊行。

この作家の作品